2014年08月28日

マルコ、デング熱?!で入院の巻。

マルコの夏休みが終わり、先週ようやくスクールがスタートしました。
タイの幼稚園の多くは1歳半からのスタートで、8月が新学年とあり、マルコも学年が一つ上がりました。
まぁ、この間色々あり、この好奇心いっぱいのお転婆娘の欲求を、この暑いバンコクで満たしてあげる為に、(暑いのは日本も一緒か)なかなかタフな日々を過ごしていました(笑)

で、そのタフな日々の一つが、今、日本でも話題だそう「デング熱」の疑いがマルコにも。
それは本当に突然の熱から始まりました。

発熱初日。
お昼寝から起きたマルコ。
抱っこすると身体が熱い。
体温は39℃ちょっと。
バンコクでの発熱はよからぬ病気の可能性もあるので日本以上に非常に気を使います。
で、即病院へ。
診察の結果、まだ初期の初期過ぎて、風邪なのか何なのか、症状が他にも出てないし…という事で
とりあえず解熱剤をもらって帰宅。
ただ、これまで発熱の場合、鼻水か咳かの風邪症状を伴ってたこともあり
ここの時点で、ただの風邪ではないかもな…って直観的なものがありました。

2日目。
起床後、38℃台。少し熱は下がったかな、、、感もあり、本人も少し元気で少し安心。
でも夜中また39℃台に。座薬を入れても38℃台。

3日目。
熱が下がる気配、全くなし。
朝から病院。熱以外、咳も鼻水もくしゃみも全くないので、血液検査をしてみましょうってことに。
結果、何らかのウィルス感染ってことが分かり、主治医よりデング熱の可能性が…との事。
「えぇ〜?!マジですか?!」この時点で私はもう涙目。
明日の朝までの熱の動きを測って、翌日詳しい検査をしましょう…と帰宅。
夜中とうとう40℃超。

4日目。
朝一で病院。ぐったりしたマルコの様子を見るなり、先生、
「ぐったりしてるのでこれから入院しましょう。そこから詳しい検査を」と。
予想だにしなかった言葉に、「えぇ〜?即?ですか?」
「何か用事があるの?」と先生。
何も用事はないけど、心の準備が…なんて言ってる暇もなく。
「脱水症状だし、ご飯食べれてないし、点滴をしようね」
「何時間ですか?」
「36時間くらい」
「はぁ〜?!」
せいぜい2〜3時間くらいと思っていました。甘かった。
36時間…
で、問診では聞かれる質問、デング熱に関することばかり。

まぁ、いろんな入院準備は彼に任せよう、と診察室からそのまま病室へ。
しばらくして先生から「デング熱はほぼ陰性」との朗報。
ホッ。。。

バンコクの外国人向けの私立病院、まぁ、それはそれは立派なんですが、
入院も至れり尽くせりで手ぶらで入院できるし、
ホテルステイみたいよって聞いてはいたものの、まぁ、ビックリ!
広めの素敵な個室で、ソファーにダイニングテーブル、オシャレなキッチンなんかもついてて、
超快適。シャンプー等のアメニティーはもちろん、子供用の病室とあり、子供用のスリッパ、
歯ブラシなんかもかなり充実。
今となっては記念に、写真、撮っておけばよかったなぁ、なんて思うけど、
その時はそんな余裕もなく…。
食事のメニューもタイ料理、日本食、洋食、中東料理から選べます。
有り難い限り。
病院内のカフェやレストランやマクドナルドなんかからもルームサービスとして注文できるそう。
あと、結構、外からデリバリーをお願いしている人も多いみたい。

朝晩はナースがマルコの身体を拭いてくれて、マルコ、気持ちよさそう。

5日目。
解熱剤の効きも良くなってはいるものの、薬が切れると夜間は高熱に。
念のため、あともう一泊しましょうと。

でも、私のやることと言ったら、マルコを見守ることぐらい。
デング熱の疑いがあるうちは気が気じゃなかったけど、疑いが晴れてからは
DVDや、お菓子や、日本のテレビ番組が一週間分入ってるHDを自宅から持ってきてもらって
のんびりダラダラ。お笑い番組見てケタケタ笑う余裕さえ。

6日目。
解熱剤が切れても熱が上がることもなく、解熱した様子。
と同時に、ポツポツ発疹が。
先生が心当たりのあるウィルスの検査をして下さった結果、
よくあるヒトヘルペスの突発性発疹とは違うけど、その類だそう。
発疹性のウィルスってたくさんあるらしく、今後は快方に向かうだけなので
原因となるウィルスを突き止める必要もないとか。
と、快方に向かっているので晴れて退院の運びとなりました。

20140828.JPG
↑熱も下がって病院のガーデンをお散歩するマルコ。
点滴を下げたまま、ブーブー車で移動できる、こんな優れものまで。

途中、気が気じゃなかったけど、熱で辛いマルコを抱えてオロオロ自宅で過ごすのと、
24時間看護の中、何かあったらすぐに先生を呼べる環境下で過ごすのとは安心感が全く違ったと思います。
今回の入院させてもらえたのは非常にありがたかったです。

デング熱の疑いがかかったあの日からは、「一匹たりとも近寄らせないぞ」と
モスキートラケットを握りしめ、母の愛でもって、全力で蚊をスマッシュする私です。
posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、母の気分で。

2014年07月14日

パタヤ旅行B / khao kheow open zoo

20140627.jpg
もう随分前になってしまいましたが…記録がてら。
パタヤの帰り、カオキアオオープンズー(khao kheow open zoo)へ。
http://www.kkopenzoo.com/en_home.php
サファリパークとまではいかないものの、名前の通り、普通の動物園よりかなり解放感のある動物園。
こんな感じに。
20140627f.jpg

園内はゴルフカートで移動します(車、トローリーも可)
そしてそしてここでの目玉は動物たちへの餌やり。

キリン、近っ!
20140627b.jpg

ゾウも近っ!
20140627c.jpg

20140627d.jpg

ちょうど旅行の前日、ずーっと欲しかったオーストリッチの財布を購入したばかりともあり、
お礼がてらダチョウにも餌を(笑)
20140627e.jpg

動物園入口で餌の販売店が並んでて、100バーツ(300円ちょっと)で餌用の野菜とフルーツと山ほど買えます。
でも動物たちもそれぞれ好みがあるようで、近づいてこなかったりって事も。
キリンにバナナをあげても見向きもしないし(long beansと何やらの葉っぱがお好みのよう)
ゾウもバナナがあまり好みでないらしく(こちらもまた別の葉っぱがお好みのよう)
あげても「ポイっ」と捨てられちゃいました。
園内のそれぞれの動物の横で、その動物の好みにそった餌が買えるのでそちらの方がおススメです。
それをあげてる人には動物たちも嬉しそうに近寄ってました。

マルコはここでの餌やりがたいそう気に入った様子で、
あの日以来「どうぶつえんにいこうか?」となぜか疑問形で日々懇願するのでありました。
posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、ご旅行気分で。

2014年06月17日

パタヤ旅行A / The Sanctuary of Truth

パタヤ、宿泊先の近くの地図を見ていたら、なんとも興味深い表記が。
「The Sanctuary of Truth」
ネットで調べると、更に興味をそそる観光スポットであることが判明。
http://www.sanctuaryoftruth.com/

ホテルから徒歩で行けるようだし、とりあえず行ってみることに。
入場料500バーツくらいだったような(日本円で1,500円程)とちょっと高め。
明らかにタイ人価格もありそうだったので、
バンコクに住んで仕事してる!って交渉してみるも…撃沈。
渡された日本語パンフレットには
「地球上に創造された華美」「真実の聖域」と、どことな〜く、眉唾感が否めないキャッチコピー。
そして裏面には「友好的、神秘的な動物が天国観光に連れて行くことで驚かせ、真の幻の瞬間で人生を過ごす」
と、翻訳機能をフル活用、日本語なのにピンとこない不思議な説明が。
こりゃ、実際に見てどんなものか確かめよう!と馬車の乗車券付きチケット(プラス200バーツくらいだったかな)を購入して中へ。

20140614a.jpg

いや〜、期待していなかった分、いい意味でかなりビックリしました。
ちょっと異次元にきたような、そんな不思議な感覚。
と、同時に、こんなに凄い建造物なのに、どうして観光客がいないんだろう…と思う程に。
しかも、これ、個人の所有物で、未完成。
建築中かつ修復中なんです。
そんな理由で「タイのサグラダファミリア」と呼ばれているとかいないとか。
全てチーク材で釘など使わず作られているそう。

20140614d.jpg

20140614e.jpg

一つ一つの彫刻を見てみるとそれはそれは細かく作られていて、
とにかく人の彫刻がすごい数。それが大きな空間に所狭しと施されていて圧倒されます。

厳かな雰囲気とか、歴史的背景とかを感じれる訳ではないので好みははっきり分かれそうではあるし、
個人の壮大過ぎる趣味と言ってしまえばそれまでなんですが、
この不思議空間、個人的には嫌いじゃなかったです。

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、ご旅行気分で。

2014年06月13日

パタヤ旅行@ / Centara Grand Modus

クーデター発令後、特に大きな混乱もなく、そんな事情も忘れるほどに通常通りの毎日です。
でも、今後は反クーデーター派の動きが活発になるんじゃないか、って噂も無きにしも非ずですが。

で、すっかり忘れていましたが、そんなこんなになる前にパタヤに行ってきたんでした。
連休の直前に急に思い立ち、「パタヤにでも行く?」ってことになりまして。
「パタヤビーチへようこそー!」のあのパタヤに行くことになろうとは。

でも連休直前とあり、お目当てのホテルは満室。
そんな中、たまたま見つけた「Centara Grand Modus」
http://www.centarahotelsresorts.com/centaragrand/cgmp/
オフィシャルサイトなんか見るとちょっと子連れにはモード過ぎるかな〜なんて思ってましたが、
まっ、直前のスペシャルレートで空きもあるし、ファミリー向けのホテルってことで
あんまり下調べせずに決めました。
で、結果、こんな感じに予想通りにモードな雰囲気(笑)

20140613a.jpg

20140613b.jpg

20140613c.jpg

ビーチリゾートはもう少し落ち着いた雰囲気であって欲しいなぁと思う程にモード系。
でも不思議と周りは家族連ればかりで、その点はかなり過ごしやすかったかな。

20140613d.jpg

今回のお部屋、Premium Deluxe Pool Accessはバルコニーから直接プールへ行けて
何かと楽ちんでした。しかもクラブラウンジへのアクセス付き。

20140613e.jpg

朝食、軽食、ティータイム、カクテルタイムをここのクラブラウンジで過ごせます。
夕暮れ時はお約束通り、冷たくてシュワシュワしたお酒を飲みながら。

ただ、パタヤ、噂通り、海があんまり綺麗じゃありませんでした。
そんなこともあり、泳いでる人をほとんど見かけませんが、シーカヤックなどしてても、その辺が残念なところかな。
posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、ご旅行気分で。

2014年05月25日

とうとうクーデター!

とうとうクーデター。
数日前に戒厳令が出て、緊張感が高まってきたね〜…と周りと言ってた矢先のクーデター宣言。
そんな感じで少し心の準備が出来てたのか、比較的なだらかにこの日を迎えた感じです。
とは言え、人生初のクーデター、やっぱり焦ります。
ちょうどマルコのスクールがhalf term break中だったこともあり、
翌日に我が家ホストのplay date(子供達がお家に集まってお遊び会)を予定してました。
けど、急遽キャンセル。
みんな徒歩圏内のご近所さんだったけど、行き帰りに何かあったら大変ですし。

そして翌日。
もしかして戦車なんかが大通りを走ったりするの?なんて思っていましたが、街中はいつも通り。
本当にいつも通り。
念のため食料品を幾つか買いだめして、早々に帰る予定だったけど
アイスクリームが食べたいとのたまうマルコを連れてデパート内をウロウロ。
するとお招きしてたお友達2組にバッタリ。
そしてそのままプレイグラウンドで遊ばせてランチ。
こんなにいつも通りなら、キャンセルしなきゃ良かったね〜なんて言いながら。

で、その翌日、土曜日。
これまたクーデター宣言直後と思えない程のいつも通りの週末。
Gaysornの中の超お気に入りのお店、新天地で飲茶&北京ダックの昼食。
その後は通り向かいのセントラルワールドでショッピング。

で、今日。
もう、すっかり油断していました。
彼はゴルフで不在だし、Jim Thompson Houseでファーマーズマーケットをやってるとの事で、
マルコと二人、タクシーに乗ってウキウキ出かけてしまいました。
すると途中、先述のセントラルワールドに結構な軍隊が。
ここは数年前の暴動で放火されて大部分が焼かれてしまった曰くの場所。
何事ぞ?!と情報入手しようと携帯を見ると、お友達からワールド付近、危ないよ!とのメッセージ。
勿論だけど、ファーマーズマーケットは早々に切り上げて帰ることに。
帰り道、大通りは所々閉鎖されてるし、
噂の現場は反クーデター派と軍隊のにらみ合いをしてて、かなり物々しい雰囲気でした。

昨年11月からのデモで、すっかりデモボケというか、危機感が薄れてるのは確か。
でも、油断は禁物。
何てったってクーデターですから。
しばらくは最新の情報入手に努めながら過ごす毎日が続きそうです。
posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、生活となるとこんな感じ。

2014年05月18日

soft過ぎるopening

20140517a.JPG

ご近所に新しいショッピングモールがオープンしました。
Central Embassy
http://www.centralembassy.com/

soft openingとGrand openingの間が非常に長い、タイ特有の超、先駆けオープンです。
高層階にはパークハイアットが2015年に開業予定との事ですが、まだクレーンが乗っかって工事中。
外観、上だけ見るとまだまだ工事現場の雰囲気がかなり漂ってる最新のショッピングモールです。

グランドフロアのテナントは日頃あまりご縁がない一流ブランドフロアですが
楽しみにしてた地下は「食」がテーマのフロアで観光やお土産探しにはかなりよさそう〜。

20140517l.JPG
ちょうどオープニングイベントでカービングと花数珠制作の実演をしてました。
そしてタイらしい装花も。

20140517e.JPG
タイの有名シェフ、イアンシェフのクッキングスタジオ(←ここの料理教室にはぜひ参加してみたい!)
とか、屋台料理がクリーンな環境で頂けるフードコートなんかはかなり嬉しいです。
カノムクロックなどのデザート系も充実してました。

20140517n.JPG
ソムタムブースもなんかオシャレ。

20140517f.JPG
そしてなんだかよさそうなカフェもたくさん入ってました。

レストランもソンブーンとか鼎泰豊、まい泉など、近くにあるとありがたい馴染みのお店や
未開の行ってみたいお店もたくさん入ってて、しかも今後は一風堂やPAULもオープン予定との事。
ますます便利になりそう。


posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、生活となるとこんな感じ。

2014年05月09日

香港ディズニーランドへA

そして今回の宿泊先は「Hong Kong Disneyland Hotel」
http://park.hongkongdisneyland.com/hkdl/en_US/hotels/landing?name=HongKongDisneylandHotelLandingPage

マルコの月齢的にもパークでの過ごし方に限度もあろうかと
選んだお部屋はキングダムクラブルーム。
香港ディズニーランドホテルに宿泊予定の方には
すごーくおすすめしたいのでちょっと記すことにします。

何といってもクラブラウンジが利用できるところが最大の魅力。
云わばエグゼクティブフロアです。

最上階(といっても7階だったかな)のクラブラウンジはこんな感じ。

20140430.jpg

ここでチェックイン、チェックアウトがスムーズにできるのはもちろん、
朝は朝食、日中はクッキーや果物の軽食、
夜のカクテルタイムにはアペタイザー色々にアルコール各種が頂けます。

レストランやカフェに入るにも何かと気を遣う子連れにとっては
パークから戻って、ちょっとティータイムを…とか、
日が暮れて「ちょっと飲みに行く?」ってな感覚で
何の気兼ねもなくリビング感覚で楽しめるのは何にも代え難い。

実際、お父さん、お母さんが語らいながらお酒を飲んでる横で
パジャマ姿の子供たちがソファーに寝っころがってタブレットPCで遊んでる感じ。

私たちはお転婆マルコとまだそこまでリラックスできる感じではないけど
でもこんなにゆっくりスパークリングワインを思う存分(?)頂ける機会も久々でした。

また、子供用にミニチュアのテーブル&チェアのスペースがあったり
(これが可愛かったのに…写真、失念)
子供用にお皿やコップがメラミン(もちろんディズニーの)のものが用意されてる辺り、
子連れの肩身の狭さを軽減してくれるようで嬉しかったりしました。

そして、これまたキングダムクラブの特権、
パジャマ姿のミッキーかミニーが毎日おやすみのグリーティングに来てくれます。

初日はミニー
20140430f.jpg

2日目はミッキー
20140430g.jpg

20140430h.jpg

子供ができるまでどちらかと言うとこういったキャラクターが非常に苦手なタイプだったんですが
このミッキー&ミニーパワー…って何なんでしょうね(笑)
私の方が大興奮。思わず靴を脱がせるのも忘れて椅子に立たせてしまっています。
隣の席では「ミッキー!!!!」と興奮気味にミッキーに抱き着いている、推定46歳のお父様も。
そんな大の大人の心をも解きほぐすあたり、さすがミッキーです。

あっ、あとグリーティングの後はラウンジからディズニーランドの花火が見られます。
音楽もちゃんと連動されてました。

これらのサービスがぜーんぶ含まれてる分、宿泊料はちょっと高めだけど
ホテルでのステイがパークと同じくらい楽しめたりするので、
逆にお得な感さえするキングダムクラブルームです。

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、ご旅行気分で。

2014年05月01日

香港ディズニーランドへ@

タイの旧正月、ソンクランホリデー第2弾。
2泊3日で香港ディズニーランドへ。

ディズニーチャンネルの影響もあってか、ディズニーキャラクターに
ただならぬ想いが有り有りのマルコ。

年齢的にはまだちょっと早いかな〜と思いつつも
「ミッキーのお家に遊びに行く?」というと
「行くー!」というマルコが、さてどんな反応を示すのか?!
私たちの方が軽い興奮状態。
彼は機内で「知恵熱」的なものが出てしまう程でして。

キャラクター達を目の当たりにしたら、想像以上の大きさに怖がってしまうんじゃないかな…
なんてな私たちの多少の不安をよそに、マルコは大興奮、そして自らハグ。

20140430b.jpg
プーさんに埋もれるマルコ。
まだまだちっちゃかった頃、一番最初に好きになったキャラクターがプーさん。

20140430c.jpg
そして何故だかグーフィー好きなんです。

20140430d.jpg
ミッキーには自らキスしてました。

憧れのキャラクター達に会えたマルコは
「イェイ、イェイ、イェイ」と言いながら
ぴょんぴょん跳ねまくって、全身で喜びを表現。

ちなみに香港ディズニーランド、キャラクター達が普通にいて
しかも5分も待てば会える状態でした。
日本だとたくさんの人が並んでた記憶があるけど。

アトラクションも1度目は目が点の様子だったけど、
2度目からはしっかり楽しんでたし。
イッツ・ア・スモールワールドでは「ぽぽちゃん、いっぱいいるね〜」なんて言いながら。

そして旅行から帰った今でも「ミッキー、おうち、行く!」とのたまっています。

続きは香港旅行そのAにて。

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、ご旅行気分で。

2014年04月23日

行ってきました。タイ最大の花市場

20140423j.jpg
この山盛りの花、ジャスミンです。
この画像、見るだけでも花の香り、漂ってきそう…

先日のペニンシュラホテル滞在から自宅への帰り道、
とうとう行って参りました。
タイ最大の花市場、パーククローン花市場。

自宅からもそう遠くはないんだけど、雨季だぁ、暑気だぁ、
しかも、マルコを連れてバギーで行く環境でもないし
3時間半のスクールの時間帯に行って帰るには忙しいし
なんだかんだで先延ばしになってました。

この日ばかりは彼もいるし、マルコを彼に託して思う存分探索できるぞ!っと意気込んで。
日本の花市場のように、建物があって、、、というわけではなく、街全体が花市場。
花の問屋街といった感じかな。しかも、一般の人も購入可能。

20140423h.JPG
ちょっとブースっぽくなっているところもあったり。

20140423b.JPG
バラやアジサイや、その他の洋花もあったりするけどやっぱり「タイっぽいお花」に目が行きます。
これはロータスフラワー。

20140423c.JPG

20140423e.JPG

20140423f.JPG

20140423g.JPG

プアンマライの材料に欠かせない、クラウンフラワー、千日紅、マリーゴールド、
そしてジャスミンの花々がすごい量で売られてます。なんだか米や豆でも買うかの様に量り売り。
そしてトップの写真、ジャスミンのお花を部屋の芳香用として購入。
山盛りで20バーツ(60円ちょっと)です。
買ったときは固かった蕾、徐々に開くにつれて素晴らしい香りを放ちます。
もうとにかく、とにかく、素敵な香り。
なんかおでこの辺りがトロ〜ンってなるかの如く。

20140423i.JPG
そして、こんなのも売られてました。
豪華なプアンマライに使用されてる飾り。
生花です。
菊、バラ、ジャスミン、デンファレの花びらで作られています。
プアンマライの露店で初めて見かけて以来、花びらで作ったとは思えないこの端正な様に
ずーっと作ってみたいと思っているのがこの花飾り。
この作り方を学ぶまではバンコクを離れられんぞ(笑)とすら思っています。

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、お花のジュンコ気分で。

2014年04月11日

週末のバンコク、ご旅行気分で。

タイの旧正月、ソンクランの時期がやってきました。

会う人、会う人に「ソンクランはどこ行くの?」と聞かれる程に
タイはこの時期がホリデーシーズン。

バケーション第一弾は週末の連休を使ってチャオプラヤ川沿いのペニンシュラに滞在。
豪華な朝食&夕食付で、しかもタイ在住者限定のプロモーション価格で滞在できるとあり
これは見逃せん!!とばかり行ってきました。

20140410a.jpg

しかも、お部屋、チェックイン時のアップグレードでスイートルームに。
お部屋の真下の川中央からは花火が打ちあがり、花火が本当に、本当に目の前に。
あんなに大きな花火、しかも見上げるんではなく同じ目線で見たのは初めて(でも画像失念)
何とも幸運な滞在でした。

20140410b.jpg

そして、ペニンシュラからボートを乗り継ぎ
前々から興味のあった夜のマーケット、アジアンティーク(Asiatique)へ。

20140410c.jpg

リバーフロントで、かつ、日も暮れた後とあり、暑さを感じずお買い物ができます。
お洒落な雰囲気のレストランもたくさんありました。

20140410d.jpg

ちょっとした小旅行気分で過ごした週末でした。

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、ご旅行気分で。