2015年09月14日

ソネヴァキリB〜リゾート内編〜

f2.jpg

撮影した写真の枚数が半端なくって(汗)
ようやくまたまとめています。
で、リゾート内編。

ソネヴァキリと言えば、名物のチョコレートルームと
30種類以上のフレーバーを常備しているアイスクリームパーラー。
ここは基本オールインクルーシブのリゾートなので、これらのチョコレート、
アイスクリーム、その他のレストランでの食事、各種アクティビティ、スパなど…。
全てが宿泊料金に含まれています。

ひんやりしたチョコレートルームに入ると、もうチョコレートの香りでいっぱい。

f4.jpg

f5.jpg

f3.jpg

f7.jpg

好きなだけ食べれるなんて、なんて素敵!
いっぱい食べるぞ!と行く前は張り切っていたものの、
チョコレートもアイスクリームも実際にはそんなに食べれません(笑)

f8.jpg

f6.jpg

ここで「いっただっきまーす!」
椅子のナチュラルさ加減、半端なく素敵。

子供が楽しめる施設もかなり充実しています。
マルコ、大はしゃぎ。

f10.jpg

f9.jpg

物語に出てきそうな家でしょ?
まだ小さな子供向けのEco Denと呼ばれるプレイハウスです。

f11.jpg

中も素敵…。
思わず大人が長居したくなる雰囲気。

そしてもう一つはEco Denより少し年上キッズ達の為の館 " The Den "
f20.jpg

竹のみでできたような大きな遊びの城。
階段があちこちにあって、面白い構造。
マルコにはまだ少し早いけどもう少し大きいキッズ達は大喜びだろうなぁ、っと思います。
この中に、ミュージックルームやゲームルーム、アートルーム等のお部屋があります。

f24.jpg
↑ミュージックルーム

f26.jpg
↑Denのお姉さんと一緒にしきりにドラムを叩いて何やら音楽会。

f27.jpg
↑素敵なのがミュージックルームの壁。楽譜が敷き詰められています。

f25.jpg
↑ゲームルームとか。

f28.jpg
↑これは何ルームだったかな。床がネットになってて、恐る恐る。

f23.jpg
↑The Denの中には滑り台があり、、、

f22.jpg
↑こんな感じで外に脱出。

f29.jpg
↑The Denの外には子供が籠れるちょっとしたこんな小屋的なものもあり。
トイレもなんだか可愛く素敵でした。

f19.jpg
↑あと、そうそう、ソネヴァキリ滞在中のコンセプトは’No Shoes, No News'
ちなみに、ここで働くスタッフの皆さんもNo Shoesです。
その言葉に従って、滞在中はどこに行くにも靴なしで過ごしてみました。
所々に給水所ならぬ水かけ所があります。
見かける度にマルコに水をかけられること必至で。

そして日が沈むちょっと前にはビーチに繰り出し。

f12.jpg

f13.jpg
↑キャンドルも然りだけど、手抜き感のないちょっとしたこんな演出、いいね〜。

f18.jpg
↑マルコ、初のフェイスペインティング。
Frozenをリクエストしたけど、ほっぺも小さいので、オラフに。

f16.jpg

f14.jpg

f17.jpg

f15.jpg

毎週金曜日はここでビーチパーティーが開催されます。
また詳しくは後日。

その他のリゾート内は…

f31.jpg
↑もちろんスパもあります。スパのオプションもインクルード。

f32.jpg
↑リビングルーム、と呼ばれるエリア。このエリアに朝食のダイニングルームや
チョコレートルーム、アイスクリームパーラーなどがあります。

f33.jpg
↑夜のリビングルーム。

そして忘れちゃならぬが「Treepod Dining」と呼ばれる
ソネヴァキリを代表するアトラクション?ダイニングエリア?
オールインクルーシブのソネヴァキリですが、ここツリーポッドダイニングのみは別料金。
素敵だけど、我が家的には「こりゃないな」的な結構ビックリなお値段+お転婆マルコと共に
果たして無事に食事を終える事が出来るのか…という事でここは見学のみさせて頂きました(笑)

f34.jpg
↑普段使ってないときはこんな感じ。

f35.jpg
↑これが更に十数メートル上に行くとそりゃ眺めは良いでしょう。

これはオフィシャルサイトより拝借↓
treepod1.jpg

treepod2.jpg

treepod3.jpg

本来ならこんな感じに素敵なひと時を過ごせます(笑)

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、ご旅行気分で。

2015年09月03日

テロ後の最近は。

長いと思っていた夏休みもあれよあれよと終わり、
明日からスクール再開!の夏休み最終日には胸の痛む事件もあり
最近はすっかり行動範囲も狭まっています。
事件現場は我が家からほど近く
あの日も事件のほんの15〜20分程前にマルコと一緒に祠の前を通ったばかり。
比較的安全と言われるバンコクですが、やはりここは海外。
気を引き締めにゃなりません。
posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、生活となるとこんな感じ。