2014年05月25日

とうとうクーデター!

とうとうクーデター。
数日前に戒厳令が出て、緊張感が高まってきたね〜…と周りと言ってた矢先のクーデター宣言。
そんな感じで少し心の準備が出来てたのか、比較的なだらかにこの日を迎えた感じです。
とは言え、人生初のクーデター、やっぱり焦ります。
ちょうどマルコのスクールがhalf term break中だったこともあり、
翌日に我が家ホストのplay date(子供達がお家に集まってお遊び会)を予定してました。
けど、急遽キャンセル。
みんな徒歩圏内のご近所さんだったけど、行き帰りに何かあったら大変ですし。

そして翌日。
もしかして戦車なんかが大通りを走ったりするの?なんて思っていましたが、街中はいつも通り。
本当にいつも通り。
念のため食料品を幾つか買いだめして、早々に帰る予定だったけど
アイスクリームが食べたいとのたまうマルコを連れてデパート内をウロウロ。
するとお招きしてたお友達2組にバッタリ。
そしてそのままプレイグラウンドで遊ばせてランチ。
こんなにいつも通りなら、キャンセルしなきゃ良かったね〜なんて言いながら。

で、その翌日、土曜日。
これまたクーデター宣言直後と思えない程のいつも通りの週末。
Gaysornの中の超お気に入りのお店、新天地で飲茶&北京ダックの昼食。
その後は通り向かいのセントラルワールドでショッピング。

で、今日。
もう、すっかり油断していました。
彼はゴルフで不在だし、Jim Thompson Houseでファーマーズマーケットをやってるとの事で、
マルコと二人、タクシーに乗ってウキウキ出かけてしまいました。
すると途中、先述のセントラルワールドに結構な軍隊が。
ここは数年前の暴動で放火されて大部分が焼かれてしまった曰くの場所。
何事ぞ?!と情報入手しようと携帯を見ると、お友達からワールド付近、危ないよ!とのメッセージ。
勿論だけど、ファーマーズマーケットは早々に切り上げて帰ることに。
帰り道、大通りは所々閉鎖されてるし、
噂の現場は反クーデター派と軍隊のにらみ合いをしてて、かなり物々しい雰囲気でした。

昨年11月からのデモで、すっかりデモボケというか、危機感が薄れてるのは確か。
でも、油断は禁物。
何てったってクーデターですから。
しばらくは最新の情報入手に努めながら過ごす毎日が続きそうです。
posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、生活となるとこんな感じ。

2014年05月18日

soft過ぎるopening

20140517a.JPG

ご近所に新しいショッピングモールがオープンしました。
Central Embassy
http://www.centralembassy.com/

soft openingとGrand openingの間が非常に長い、タイ特有の超、先駆けオープンです。
高層階にはパークハイアットが2015年に開業予定との事ですが、まだクレーンが乗っかって工事中。
外観、上だけ見るとまだまだ工事現場の雰囲気がかなり漂ってる最新のショッピングモールです。

グランドフロアのテナントは日頃あまりご縁がない一流ブランドフロアですが
楽しみにしてた地下は「食」がテーマのフロアで観光やお土産探しにはかなりよさそう〜。

20140517l.JPG
ちょうどオープニングイベントでカービングと花数珠制作の実演をしてました。
そしてタイらしい装花も。

20140517e.JPG
タイの有名シェフ、イアンシェフのクッキングスタジオ(←ここの料理教室にはぜひ参加してみたい!)
とか、屋台料理がクリーンな環境で頂けるフードコートなんかはかなり嬉しいです。
カノムクロックなどのデザート系も充実してました。

20140517n.JPG
ソムタムブースもなんかオシャレ。

20140517f.JPG
そしてなんだかよさそうなカフェもたくさん入ってました。

レストランもソンブーンとか鼎泰豊、まい泉など、近くにあるとありがたい馴染みのお店や
未開の行ってみたいお店もたくさん入ってて、しかも今後は一風堂やPAULもオープン予定との事。
ますます便利になりそう。


posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、生活となるとこんな感じ。

2014年05月09日

香港ディズニーランドへA

そして今回の宿泊先は「Hong Kong Disneyland Hotel」
http://park.hongkongdisneyland.com/hkdl/en_US/hotels/landing?name=HongKongDisneylandHotelLandingPage

マルコの月齢的にもパークでの過ごし方に限度もあろうかと
選んだお部屋はキングダムクラブルーム。
香港ディズニーランドホテルに宿泊予定の方には
すごーくおすすめしたいのでちょっと記すことにします。

何といってもクラブラウンジが利用できるところが最大の魅力。
云わばエグゼクティブフロアです。

最上階(といっても7階だったかな)のクラブラウンジはこんな感じ。

20140430.jpg

ここでチェックイン、チェックアウトがスムーズにできるのはもちろん、
朝は朝食、日中はクッキーや果物の軽食、
夜のカクテルタイムにはアペタイザー色々にアルコール各種が頂けます。

レストランやカフェに入るにも何かと気を遣う子連れにとっては
パークから戻って、ちょっとティータイムを…とか、
日が暮れて「ちょっと飲みに行く?」ってな感覚で
何の気兼ねもなくリビング感覚で楽しめるのは何にも代え難い。

実際、お父さん、お母さんが語らいながらお酒を飲んでる横で
パジャマ姿の子供たちがソファーに寝っころがってタブレットPCで遊んでる感じ。

私たちはお転婆マルコとまだそこまでリラックスできる感じではないけど
でもこんなにゆっくりスパークリングワインを思う存分(?)頂ける機会も久々でした。

また、子供用にミニチュアのテーブル&チェアのスペースがあったり
(これが可愛かったのに…写真、失念)
子供用にお皿やコップがメラミン(もちろんディズニーの)のものが用意されてる辺り、
子連れの肩身の狭さを軽減してくれるようで嬉しかったりしました。

そして、これまたキングダムクラブの特権、
パジャマ姿のミッキーかミニーが毎日おやすみのグリーティングに来てくれます。

初日はミニー
20140430f.jpg

2日目はミッキー
20140430g.jpg

20140430h.jpg

子供ができるまでどちらかと言うとこういったキャラクターが非常に苦手なタイプだったんですが
このミッキー&ミニーパワー…って何なんでしょうね(笑)
私の方が大興奮。思わず靴を脱がせるのも忘れて椅子に立たせてしまっています。
隣の席では「ミッキー!!!!」と興奮気味にミッキーに抱き着いている、推定46歳のお父様も。
そんな大の大人の心をも解きほぐすあたり、さすがミッキーです。

あっ、あとグリーティングの後はラウンジからディズニーランドの花火が見られます。
音楽もちゃんと連動されてました。

これらのサービスがぜーんぶ含まれてる分、宿泊料はちょっと高めだけど
ホテルでのステイがパークと同じくらい楽しめたりするので、
逆にお得な感さえするキングダムクラブルームです。

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、ご旅行気分で。

2014年05月01日

香港ディズニーランドへ@

タイの旧正月、ソンクランホリデー第2弾。
2泊3日で香港ディズニーランドへ。

ディズニーチャンネルの影響もあってか、ディズニーキャラクターに
ただならぬ想いが有り有りのマルコ。

年齢的にはまだちょっと早いかな〜と思いつつも
「ミッキーのお家に遊びに行く?」というと
「行くー!」というマルコが、さてどんな反応を示すのか?!
私たちの方が軽い興奮状態。
彼は機内で「知恵熱」的なものが出てしまう程でして。

キャラクター達を目の当たりにしたら、想像以上の大きさに怖がってしまうんじゃないかな…
なんてな私たちの多少の不安をよそに、マルコは大興奮、そして自らハグ。

20140430b.jpg
プーさんに埋もれるマルコ。
まだまだちっちゃかった頃、一番最初に好きになったキャラクターがプーさん。

20140430c.jpg
そして何故だかグーフィー好きなんです。

20140430d.jpg
ミッキーには自らキスしてました。

憧れのキャラクター達に会えたマルコは
「イェイ、イェイ、イェイ」と言いながら
ぴょんぴょん跳ねまくって、全身で喜びを表現。

ちなみに香港ディズニーランド、キャラクター達が普通にいて
しかも5分も待てば会える状態でした。
日本だとたくさんの人が並んでた記憶があるけど。

アトラクションも1度目は目が点の様子だったけど、
2度目からはしっかり楽しんでたし。
イッツ・ア・スモールワールドでは「ぽぽちゃん、いっぱいいるね〜」なんて言いながら。

そして旅行から帰った今でも「ミッキー、おうち、行く!」とのたまっています。

続きは香港旅行そのAにて。

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、ご旅行気分で。