2013年11月28日

我が家のメイドさん自慢

以前の住まいは云わばホテルだったんです。
滞在者の殆どが旅行やビジネス客でその為サービスやファシリティーは至れり尽くせりで申し分なかったんだけど、
「住む」という所に重きを置いていないので、住居となると何かと不便がありました。
まぁ、そんな感じなので、毎日のメイドサービスももちろん込みだったんです。
そんなぬるま湯生活から今の住まいに引っ越すにあたり、まず始めたのが「メイドさん探し」。
(こちらに住む日本の人は何故かメイドの事を「アヤさん」と呼ぶ習慣があります:余談)
日本にいたらメイドだなんてそんな悠長な事は言っていられないのは重々承知ですが、日本と違い、何かと時間がかかってしまったり、タイ語で問題解決してもらうときには助かったり…って事もあったりで、こんなところでもタイの人に甘えています。

で、今の我が家のメイドさん「ティウ」

20131127a.jpg

ここのレジデンスのファシリティー管理が彼女の本業だけど、ちょっとお願いして、
就業時間前&お休みの日に毎日我が家でお手伝いしてもらっています。

メイドさんを雇う前はお部屋にいてもあまり存在感の薄い人というか、物静かな人を希望してたんだけど、
ティウはその真逆。
部屋にいると存在感アリアリ。

そんな底抜けに明るくお調子者の彼女にマルコはすっかり懐き、
「ティウ〜!、ティウ〜!」と、彼女の名を呼びながら行く先々について回り抱っこや遊びをおねだり。
「ティウ、忙しいからママが抱っこね」なんて言おうもんなら
「ノォーー!」っと私の手を払い言い放つマルコ…。
イヤイヤのシーズン到来のマルコと言えど…お母ちゃん…凹みます。

そんなティウもとにかくマルコ、マルコ。
本当によく可愛がってくれます。
「ジュンコ、マイペンライ、マイペンライ(大丈夫、大丈夫)」っとさっと仕事の手を止め、
これまた上手に遊んでくれたりして。
どんなに手が泡だらけでも、私みたいに「あぁ、ちょっと待ってね、あとちょっとね」はナシ。
その「ちょっと」がマルコにとっては長〜く、我慢し辛い「ちょっと」だって事、よく分かってくれてることに、私も見習わなきゃいけません。

我が家での仕事が終わった後も、本業就業中はレジデンス内のどこかにいるので、
何かとちょこっとお願いできたり、暇を見つけてマルコと中庭の遊具で遊んでくれたり
「ジュンコー!雨―!洗濯物中に入れてー!」なんて感じで、非常に助かっています。

20131127b.jpg

そして会う度、「今日はお昼寝もうすんだの?」
「昨日の蚊に刺されたのはどうなった?」(←タイの蚊だから?マルコ、すごく腫れるんです)
「うんち緩いのもう治った?」等々、マルコの様子をおせっかいくらいに気にかけてくれるのも、
ママ友と違った’おせっかいおばちゃん’的な安心感があり、時に嬉しかったりします。
でもおしゃべり好きの噂好きのタイ人とあり、この場合、大概レジデンスの他のスタッフもマルコの様子を既に把握しており
「ティウから聞いたよ、蚊に刺されて腫れてるんだって?!」って。
一体、どんな会話してんの?!って思うことも(笑)

ただ、ネックが一つ。
外出時、エントランス付近でのティウとの遭遇率がかなり高く、
私たちを見つけるや否や駆け寄ってマルコをバギーから下し、そこからマルコとティウの戯れタイムスタート。
時にジャンプの練習、時にオリジナルエクササイズ。
こうなると5分、10分、なかなか外出できません。

でもそのジャンプの練習のおかげで、マルコ、ジャンプができるようになりました。
また、エクササイズのおかげで1〜6までカウントできるようになりました。
(「ワン、チュー、チュリー、ポー、カァーイ、キッチ」とあやふやな発音がたまらなくカワイイ!)

この月齢で無駄な時間なんぞな〜んにもない事を思い知らされたのであります。
まぁ、外出が遅れるくらいなんのその、かな。

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、生活となるとこんな感じ。

2013年11月18日

バンコク・ファーマーズマーケット

日々写真はよく撮るし、upしたい記事はたくさんあれど、なんせじっくりPCの前に座って…
なんて事、マルコちゃんがさせてくれる訳もなく…
そうこうしてるうちに日にちが経ってしまい、結局ボツネタに…なんて事も度々。

このファーマーズマーケットもこれまた然り。
せっかく撮った写真、あれよあれよと言う間に日が経ってしまい、いつしかボツネタに。

でも、今回はそうはさせんぞ!!
と、心に誓い写真を撮ったものの、またまた危うい事になるとこでした。

そんな感じなため、ちょうどハロウィン直前のネタ。

20131117a.JPG

20131117b.JPG

月末の週末に開催される、かなり限定のこのマーケット。
オーガニックの食品や製品、美味しいパン屋やスイーツのお店、ちょっと珍しい美味しい食べ物などがたくさん売られてて、一つ一つのお店を見て回るだけでもほんと楽しい。
そして、出かける朝は必ず軽目の朝食にして、現地であれやこれや目移りしながらつまみ食いするのも楽しみの一つ。

子供ウェルカムなマーケットでもあり、ポニーがいたり、子供向けのクラフトスペースやバルーンアートのピエロがいたり、朝から子供と一緒に楽しめる最近お気に入りのファーマーズマーケットです。

そしてこの日、マルコの大ヒットはたっぷりの完熟バナナとソイミルクのミックスジュース。
確かに旨い!
かなり大きめなカップを抱えてあっという間に飲みほし、「モア〜!!」とおかわりを催促。

20131117c.JPG

そしてもう1杯!
私もゴクゴク、マルコもゴクゴク、そして満腹のお腹はタプンタプンでした。

Bangkok Farmars market @ K village sukumvit soi 26
http://www.bkkfm.com/

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、生活となるとこんな感じ。

2013年11月05日

Flower Extravaganza 2013

20131031a.jpg

「Central Chidlom Anniversary Flower Extravaganza」
毎年恒例、セントラルデパート主催のフラワーイベント。
数日前から準備が着々となされてる様子を見て、心待ちにしていました。
それにせよ、去年のイベントからもう早1年とは!

昨年同様、全館お花だらけ!!
昨年の様子はこちら
7階まで各フロアごとテーマカラーが異なっており、デザインも様々です。

20131031j.jpg

20131031k.jpg

1階のカラーはホワイト。
あちこちにある設置された大きな木にはプアンマライ(花数珠)がふんだんにデコレーションされており、(写真c)
ステキだな〜と思うと同時に、どれだけたくさんの人が携わって、どれだけたくさんの花々が使われてるんだろう?!と。
大きな大きなプアンマライは、色合い、デザイン、技術、是非とも自分のものにしたくって、行っては来ては凝視を繰り返し(笑)(写真a)
また中央吹き抜け部分は迷路のようになっていて(写真b)、真ん中のゴールはまるで森の中にいるような気分(写真d)。
上を見上げると7階から吊らされたチランジア達が更にいい雰囲気を醸し出してるというのに…
それを伝えられるいい写真を撮れないのが残念…!

20131031d.jpg

最近お花を目にすると鼻から空気をいっぱい吸い込んで、花の香りを嗅ぐようになったマルコ。
「お花、キレイキレイね〜」って見ていると、気持ちよくなったのか、ちょっと早いネンネタイムに突入。
その間、私は各階をじっくり、じーっくり。

20131031e.jpg

20131031f.jpg

20131031g.jpg

20131031h.jpg

花々を鑑賞するのは勿論楽しくあるんだけど、それを見てる人達、嬉しそうに写真を撮る人、
お花の前でポーズを決める人、花を見てる人達みんなが目線をあげてなんかキラキラしてる様子に、
花からのみならず、そんな人達からもエネルギーをもらえたようです。

あと、おまけ。
7階の催し会場で王室プロジェクト(あまり詳しくないけど、食品、野菜が低価格の高品質なんです)の
超・超・新鮮なオーガニック野菜のマーケットが開かれてて野菜を大量買い。
その横に「ココナッツミルクアイスクリーム&フレッシュアボカド」なるものが。
どちらも好物、でも初の組み合わせ。
物は試しに…話のタネに…が…両者のコッテリ具合が相まって、ウッ、旨ッ!!
その美味しさが忘れられず、翌朝も早々に馳せ参じ、その異色の組み合わせを再度堪能したのでありました。
↓こんな感じのアイスクリーム

20131031i.jpg

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、お花のジュンコ気分で。