2013年10月24日

インターナショナルフラワーフェスティバル

「International flower festival」
Swissotel Nai Lert Parkというホテルの前を通った際、目に入った大きな広告。

なんだか大層な花の祭典?! 意気揚々と初日に早速行ってまいりました。
9月26日の出来事です。
なのに更新がこんなに遅れた理由…
つい先日まで一時帰国してたり、あれやこれやで最近忙しくしてるのもあるけど…
このフラワーショー、期待してた分、かな〜りイマイチだったんです。
更新するのも腰が重くなるくらい(笑)
でもこれもある意味タイの花事情ってことで…
「おっ!」っと思ったもの数点、記念に残しておきます。

20131024a.jpg
↑この作品はかなり衝撃でした。
黒い箱状の空間に入ると、壁一面に龍と獅子。
かなり大きな作品ですが、緑色の部分は全て折られた葉でデコレーションされています。
近くで見れば見るほど鳥肌が立つほど細かく丁寧に作ってあり、これは一見の価値あり。

20131024b.jpg
↑タイらしいロータスフラワー(蓮の花)の作品は素敵。
間近で見る生花のロータスフラワーは素晴らしく美しい花です。

20131024c.jpg
↑「チュンチュン〜!」と、マルコ受けが一番良かった作品。
「菊」でできています。
「マム」ではなくあえて「菊」と言いたくなるような。
入口正面にあり、目玉の一つの作品のようですが、入った瞬間、
「およよ、私、不思議空間、来ちゃった〜?!」と思わせてくれました。
奥には謎の赤いポット。
この時点で完全に「?」でしたが、もしかするとこの組み合わせには何かしら意味があるのかも…と
しばらく考えさせられました。
未だ答えは見つかってませんが、物語の一説?もしくはタイ人なら誰しも分かる何か?かもしれません。
その他、仰天な色の組み合わせのオブジェとか、なぜか造花でできたド派手な金魚とか…
かなりモヤモヤ…(笑)

でも、「Swissotel Nai Lert Park」のホテル自体はとても素敵なホテル。
大きなガーデンが目前に面するレストランは雰囲気がとっても素敵で近々行ってみようと思っています。

ちなみに本日からは老舗デパートのCentral Chidlomにて年に一度の盛大なフラワーイベントが開催されています。
レジデンスから歩いてすぐのこの場所、日々着々と準備がなされてる様子を見ながら、心待ちにしてきました。
こちらの方は期待できそうかな。
昨年の様子はこちら

早速明日、行ってきます!
その模様はまた後日に!

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、お花のジュンコ気分で。