2013年08月19日

引越しました!


バンコク生活も早いもので10ヶ月が過ぎ、実は一週間ほど前にまたまた引越しました。
マルコが産まれてこの一年3ヶ月の間ですでに3度目。

一度は東京→バンコク、もう一度はレジデンス内での部屋替え、そして、今回。

今回のレジデンスは来タイ当初、まだ建設中だった頃からずーっと目を付けてた物件。
立地といい雰囲気といいドンピシャで、しかも得意のアポなし内覧では室内の内装、設備までが、
もう絶対ここがいいー!と言わせる程のパーフェクト具合。
即入居したかったけど、住んでたレジデンスでの契約上そうもできず、
実際に引越せる日が来るまで「暫くの間、お取り置きお願いします!」となったわけで。
(日本ではなかなかそうはいかないだろうけど)
で、今回、念願の引越しです。

お転婆マルコを連れての引越し。
今週から新しいメイドさんが来てくれる事が心強いものの、それまで唯一頼りになる彼は平日仕事、週末はプロゴルファーかっ!っとツッコむ程にゴルフに勤しんで超多忙。
でも、これまでの2回の引越しとも一人で何とかなってたこともあり、かなり余裕含みだったのが大きな大きな間違いでした。
お母ちゃん、あんよを始めたマルコちゃんを甘く見過ぎておりました。

兎にも角にも、片付かない!
どころか、後退すらしていってるのではないかと思うほど(笑)

新しい住処に興奮気味のマルコ。
収納を仕分してたら片っ端からあちこち持っていくわ、
整理整頓して収納した端から取り出してくれるわ、
目に入るもの、手が届くもの全てが彼女のおもちゃ。
「ピーズ!(プリーズ)」を連呼しながら、どうにか触らせてくれとせがむわ、
触れば触ったで壊すわ、食べるわ、便器に入れるわ、テーブルに登って踊るわ…
時にヒヤッとさえする彼女のお転婆ぶりを挙げればキリがありません(笑)
目をキラキラさせながら、何やら歌うように喋りながら楽しそうなのは唯一、お母ちゃんの救いです…

そして、そんな彼女のお楽しみも束の間、決まって転んじゃったり、ぶつかったりどうにかなってしまう事が常で、
そんな時は得意の「イタイ、イタイ〜」とあんまり痛くたくなくても痛さアピール。
そして決まって「ダッークッ!(抱っこ)」をせがむ、その繰り返し。
マルコといると本当にネタにつきません(笑)
彼の言葉を借りれば本当に「愛すべきいいキャラ」です。

時間もタップリあるにもかかわらず、そんな感じで片付けてるのかはたまた散らかしてるのかも分からない状態なので、ここはもう開き直って日中はお出かけ、整理整頓はマルコが寝静まってからする事に。
早く片付けてしまいたいけど、これがベストに違いない!

で、今はバギーでお昼寝中のマルコを横に、ゆっくりスタバでブログを更新です。
お部屋の荷物、1週間経っても全然片付いてないんですけど!

そんな中、レジデンスのオーナーからは胡蝶蘭の鉢植えのサプライズギフト。
花の仕事をやってると、贈ることはあっても頂くことが殆どないのがお花のギフト。
こうやって改めてお花を頂くのっていつぶりかな。
こんな時癒されるものやっぱりお花だったりする事に、ちょっと嬉しい気持ちになりました。

20130819.jpg

そんな感じでてんやわんやですが、これまで以上に気に入った空間でのまた新たな暮らし。
買い揃えたい食器とか、クッションカバーの色合わせとか、そんな生活の彩りを楽しみにしながら、夜な夜な頑張る事にしましょうっと。
まっ、そんな事言ったって、昨年の日本→バンコク間の引越しに比べれば、全然、屁の河童といったとこなんだけどね(笑)

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、生活となるとこんな感じ。