2013年01月29日

タイでの子育て

バンコクに来てビックリした事の一つ。
「タイの人は子供が大好き」ってこと。

街を歩いてても。
手を振ってくれたり、話しかけてくれたり、
「あっ!赤ちゃんがいる〜!」ってな具合に友達の肩たたいてかけよって来てくれる事も。
すれ違い様にマルコの足、モミモミしていく人も結構いて(笑)
みんな笑顔ですれ違ってくから、私も道中ずっとニコニコ。
女子高生に写真撮らせて〜って囲まれた時はさすがに「私達、絶対誰かに間違われてる!」って思った事も。

買い物してても。
ご飯食べてても。
愚図りそうになると店員さんがあやしてくれる。
これは本当にありがたい。
時には隣のお店の店員さんも来たりして、写真撮らせて〜って、ここでも撮影会(笑)
オイオイ、お店、大丈夫?

バンコクに来た当初は余りにもたくさんの人に声をかけてもらうので、
「マルコの髪が多いからかなぁ?」とか「髪がカールしてるからかなぁ?」とか
彼と不思議に思ってたけど、単に子供が大好きな人が多いみたい。
しかも少しビックリなのは電車の優先席は「お年寄り、妊婦さん、そして子供(!)」
お国が違えば…なんですね。

で、そんな優しいタイの皆さんに対し、もともと人見知りっ娘の当の本人はいたってクール。

「ねぇねぇ、スマイルの一つでもしたらどぉ?みんな、可愛がってくれるんだからさぁー。」
と言う私に向っては、マルコ、満面の笑みで(笑)
知らない人に話しかけられただけで泣いてた頃よりまっ、いいか。

時には話しながらヒョイっとマルコを抱っこしたりするおばちゃまもいたりして
ドキっとする事もあるけど、子供NGな街よりありがたい。

そして子供に寛大なこの地で子育てできる事、日増しに感謝の気持ちを募らせる今日この頃です。



posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、母の気分で。

2013年01月23日

モンコン・ワッタナーのカオマンガイ


ラーン・ガイトーン・プラトゥーナムのカオマンガイを初めて食してからというもの、すっかり好物となったカオマンガイ。
今回は週末に彼と一緒にスカイトレインのBTSに乗ってカオマンガイ専門店の「モンコン・ワッタナー」へ。

改札出ると駅周辺はかなりのローカル色プンプン。
お店は駅のすぐ近くで迷うことなく。

注文したのはカオマンガイのピセー(special)と揚げ鳥がご飯に乗せられたカオマンガイトー。
これらにつけて食べるタレが重要で、美味しいものをより美味しくしてくれる魔法のタレ(笑)
味はお店ごとに違ってて、ここのは濃厚でついついたっぷりかけてしまうほど。

20130123a.jpg

で、カオマンガイ、チキンが美味しいのはもちろんの事、鶏の旨味がしっかりしみ込んだふっくらご飯がこれまた美味で。
あぁ、ご飯だけでもおかわりしたい(笑)

そして、カオマンガイトー。
あれあれ…、こっちの方が好みかも!と思わず。
ここに鶏スープなんかかけて鶏唐茶漬けみたくして「旨い旨い」っていうのは私達だけなのかな〜?
なんて言いながら。

こんなに美味しく頂いて、2人前、日本円で約300円弱!
お見事!




posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、食いしん坊の気分で。

2013年01月22日

週末の朝は

まだマルコが産まれる2人生活の頃。
週末の朝は早起きして家でパワフルな朝食と共にゆーっくり過ごしたり、
カフェに本や新聞持ってて、ゆーったり過ごしたり、というのが私たちの週末の朝の習慣でした。

これまで二人の生活が長かったためかマルコが産まれた今でも、
その’ゆーっくり、ゆーったり’の週末の朝の過ごし方はなかなか変えられない。
いやいや、変えたくないワガママなお父ちゃん、お母ちゃん。
で、’ゆーっくり、ゆーったり’を優先するとなると
毎週「じゃっ、カフェ行こっか?」となるわけで。

お気に入りは近くのDEAN & DELUCAやサンドイッチがビックリするほど美味しいフレンチカフェ。
で、この日はDEAN & DELUCAへ。

20130120.jpg

ベビーチェアからの脱出に成功したマルコに苦戦中の彼。
私がちょっと席を離れてた間に、飲み物食べ物が端へ端へと追いやられ。
とは言え、マルコの手に届かないわけもなく。

マルコの射程圏内に入った私の抹茶ラテは辛うじて難を逃れたものの、
彼のお気に入りのパンは、この後がっちりマルコに鷲掴みにされ…
’ゆーっくり、ゆーったり’とはなかなかいきません。

で、この日もやっぱり、新聞読めず…。
時事ネタから遠ざかる一方です(笑)

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、生活となるとこんな感じ。

2013年01月18日

今日はカメラを持って。


バンコクに来てすぐの頃は目新しかった街の風景も、数か月経つといつもの変わらぬ風景になるもの。
この地での生活にも慣れてきた証拠!と思いつつも、街の様子をカメラに収めてるツーリストを見かけ
ふと、当初の新鮮な目線でいつもの風景を見てみたくなり、ランチついでにカメラを持って出掛ける事に。

とは言えマルコをキャリアで抱っこ+一眼なんぞはとても持って出かける気にもならず、
コンパクトのデジカメをポケットに入れて。

人が集まるところには食堂があったり、市場があったり、屋台があったりするバンコク。
我が家のレジデンスは結構な街中ともあり、お昼時は毎日たいへんな賑わい。
今日は少し時間をずらしてお出かけ。

20130111f.jpg
お昼時が一番活気のある通称OL市場。
ピーク時はすごい人の数と熱気とでとてもじゃないけど子連れには厳しい!
お菓子や日用品、フルーツや飲み物、洋服等々、なーんでも売ってます。

20130111b.jpg
(左)食堂が何件か連なっているキャンティーン。
ピーク過ぎとあり人はまばらですが、何度も言います、いつもはほんとすごい人の数。
たくさん人が集まるとあって、安くて美味しい!でもここで食べると暑い!
(右)街にはいろんな屋台も。

20130111c.jpg
(左)サラダ専門店のおばちゃん。
(右)メーカーものの中古時計が100バーツ。300円くらい。
結構な人だかりができてましたが…どこからやってきたモノかが気になるところ(笑)

20130111d.jpg
(左)ココナッツアイスクリーム屋さん。
(右)今日のランチはショッピングモールのフードコート。
タイではおなじみのぶっかけ御飯。鶏肉のバジル炒めとポークのカレーをチョイス。あれ、気が付けばWお肉(笑)
見た目以上に辛い!

20130111e.jpg
(左)いつも買ってるプアンマライ(花数珠)のお店。
(右)なんでも願いが叶う!という伝説のエラワンプーム。
黄色のモリモリは全てお供えのマリーゴールドの花。
我が家も来タイ当初、無事にタイ生活を送れるようお参りに来ました。

時々こんな風に、新鮮目線で行きましょうっと。

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、ご旅行気分で。

2013年01月10日

年末年始は旅行気分で。

こちらに来て初めての年末年始はバンコクで。

「お寺が見たい」私。
「川沿いで過ごしたい」彼。

で、川沿いのホテルに宿泊して、お寺巡りをする事に。
いずれもウチからもさほど遠くないんだけど。

予約の時期が遅かったのか、お目当てのマンダリンオリエンタルは満室だったそうで、
今回はその向かいのペニンシュラ。

チェックイン後間も無く、「ご一緒の方からです」と、届けられたのは私の大好物のチョコレート!
さすが彼!クゥ〜、嬉しい事してくれるねぇ〜!

20121231a.jpg

で、またもや彼のお言葉に甘え、マルコを彼に預けて極楽スパも堪能。
素敵な雰囲気に酔いしれ、常時まどろみの中で何度も眠りに落ちそうになり…。
思わず翌日も予約しそうになったけど、まっ、そこまで甘えてはイカン、イカン!

滞在中の食事も子連れともあり色々気遣いもあったりするけど、
ベビーカーでのネンネに成功したら、そのままレストランへ直行。
いい子にネンネしてくれるマルコのおかげで、食事も会話も堪能でき、
期待以上に大満足のひととき。あぁ、これでお酒が飲めたらな(笑)

そして、いよいよ楽しみにしてたワット(お寺)。
今回はワットアルンとワットポーへ。

20121231b.jpg

20121231c.jpg

ここでもお寺の雰囲気は想像以上。
建物がこんなにカラフルとは驚き。
生半可な知識でもどかしかったりもするけど、
それはそれで、どこかバンコクとは違った異国の雰囲気を醸し出してる装飾の数々に目が釘付けで。

こうして旅目線で見るバンコクも、う〜ん、楽しいね。

posted by ジュンコ at 00:00| バンコク、ご旅行気分で。